GHANA's BLACK STAR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中学校で講座をしてきました

帰国して1か月経ってしまいましたが。
7月12日に青森県五所川原市市浦中学校でガーナの紹介をしてきました。

出前講座4
実はここの中学校は、「ソーラー式ワクチン冷蔵庫設置プロジェクト」の支援をしてくれた中学校。御礼も兼ねてガーナの紹介もできました。

最初は「ハァ!?ガーナなんて知らねえし。まじたりーんですけどー。」みたいな中学生を想像しては、脳内でガクブルしたのですが。そんなこともなく、ものすごくウェルカムな学校でした。というのも、こんな感じですごく温かく迎え入れてくれたんです。

・出前講座ちょっと前には、みんなで現地語調べてくれたのか、「ウンテーガ(こんにちわ)」で挨拶され、
・私の紹介ムービーが事前に作られ、壮大なBGMと一緒に流れ、
・ほんで講座も終始生徒も保護者も和やかでした(なんとこの日は授業参観日…)。

そんなわけで、私も緊張することもそんなになく、容赦なく生徒にクイズやら出して聞きまくることができました。
出前講座2
こんなかんじで、4択のクイズにして手を挙げさせたり。

しかしここは日本の中学生。当てようと近づくものなら、サーッと下を向いて貝のように押し黙るみんな。はい、容赦しませんでした。つかつか構わず近寄り、肩をぽんと叩く。「さ、いってみよっかー!」と明るくマイクを差し出して、発言を強要。みんな、わははー!とひやかしたりするうちに、みんなすっかりリラックスモードになって、最後は和気あいあいと講座を進めることができました。

ちなみに、授業参観ともあって、保護者もきてたのですが、この画像を見せたら生徒よりも保護者から歓喜の声が。
出前講座3
みっちゃんと二宮君のコラボです。みっちゃん、有難う!


そんなこんなで、ガーナの様子や課題を写真をたっぷり入れて、紹介することができました。ガーナの写真を一枚一枚選別して、色々思い出を整理しながら作れた今回の講座でした。その後も新聞に掲載されて、素敵な記事にしてもらいました☆
出前講座


************
実は、市浦中学校は青森県でも八戸とは真逆の位置で、幼い頃に一度しか行ったことのない場所。
けれども湖をはさんでの隣町の車力は、実は曾爺さんの故郷だったりします。おじいは、その昔、車力村で開業医してたり、農民組合つくったり、戦後は八戸でポリオワクチンの調達をやってたりして。そして世代を経て、私も農村開発専攻してたり、ワクチン冷蔵庫調達してたり。別に意識してかぶった活動してるわけじゃないんですが、そういうルーツがあるのか、血があるのか、無意識の意識なのか。なんなんでしょうね。

ルーツの更なる根っこの土地に来て、広がる田園景色にボルガの平原を重ねてぼんやり眺めてました。おじいが呼んでくれたのかな。不思議な縁があって、たまたまこの土地にこれて、なんだか感慨深くなりました。

そして日本に戻ってきました。

そうして怒涛の2か月が終わって、日本に戻ってきました。

はい、この髪型で。
finalday.jpg
この髪、編むのに6時間かかりました(3時間で終わると言われつつ)。最終日集合時間の時刻20分前に4人がかりで終わらせて、ダッシュでドミに駆けつける私。最後までハードランディングでガーナらしいというか、私らしいというか。

しかし、帰国するや否や、逆ホームシックにかられる私。
・この髪型で新宿の携帯ショップに行くも、店員さん誰一人話しかけてこず、寂しさにこらえられず店から退散。
・オランダのアムステルダムでは、オブロニたちに「あはは、見てあれー!」と指さされて笑われる。
・吉野家に行くも、味が甘い。七味をかけるも七味が辛くないので、七味の意義について考える。
・バスの中でヘッドフォンつけて音楽聞くも、ふと我に返ると、一人ノリノリで揺れているのは私だけ。
・実家のちっちゃいゴミ箱をみて、なんでバケツシャワー用の桶があるんだろうと、ずっと疑問だったり。
・お店の「いらっしゃいませー!」に、なんて返答していいか分からず、もじもじ。
・アッラーのお祈りも、ヤギの鳴き声も全くなく、朝が静かすぎて起きれない。
・プラスチックの袋がうまく開けられず、歯でこじあけてるのを友人に見られて笑われる。
・梅雨を雨季と言い間違えたり。
・そしてなにより、道ですれ違う人一人ひとりに挨拶できないもどかしさ。

などなど違和感ありまくりで、ボルガが恋しくて恋しくてたまりませんでした。
でも、スマフォは便利だし、いつでも蛇口からお湯でるし、もう二度と毎週手洗いしなくていいし、なにより日本食は膝から崩れ落ちるくらい美味しいし。日本の技術というか職人根性に脱帽する瞬間も多々あったり。

とはいっても、まだまだ振り返る暇もなく、もうちょっと落ち着いたら総括を行うとして。
2年間支えてくれた、日本にいる両親、相方さん、友人たち、ボルガの上司や同僚たち、JICA職員さん、調整員さん、専門家の皆様、協力隊のみんな、本当に有難う!!!そして、2年間毎日一緒に過ごしてくれたゆみこ姉さん、とっても有難う!!!みんなの温かさに触れた2年間でした。ありがとう。ほんとに有難う。
final.jpg

その後どうなった私の活動

なんだか更新すっかり途絶えちゃったけど、最後にブログを更新してから怒涛すぎて、気付いたら日本に帰っていました。
もう日本!?

はい、そうです。
しかし、なんだか書きかけでブログ終了するのも気持ち悪い。でも、帰ったのに活動の話書くのも気持ち悪い。というわけで、後者をとりました。

その後のデータベースの研修については無事研修を終了して、OJTに移っていました。
1369810477758.jpg
疲れたおっさんみたいな髪型になってる私。


OJTも怒涛ながらも任地引き上げギリギリで間に合いそうだった。
しかし、ここはガーナ。とりわけPCに強い人事部の秘書に、詳細なセッティングやバックアップ方法を教えていたのですが、彼が突然こんなことを。
「あ、そういやオレ、来週からケープコースト大学いってくるわ!」
「ハァァ!?」

ガーナでは職員の能力強化として、休職して進学する制度を設けています。彼はMBAを取るべくガーナ国内のトップ2の学校に進学することになったそう。
「・・・いや、ほんとにおめでとう。でもね、でもね。なんでもっと早く言わねえんだ!あんたがいなくなったら、誰がサポートすんの!?」
「がはは!大丈夫だ!人事部マネージャーとかPC強いからさ!大丈夫大丈夫!」


全然大丈夫じゃねえし。
引き上げ3日前で知らされて、今まで1か月教えていた内容、教えてすぐできるわけがない。後任も1年以上しないと来ないし。あー終わったわー、私の活動。しゅーりょー。悲しすぎて、しばらく全身脱力してました。

というわけで、新しいデータベースのマニュアルを作ったものの、彼らは読まないに三千点。元のデータベースで通常通り進めるよう勧めて引き上げすることに。とまぁ、こんな感じで活動のほうは最後は全くうまくいかなかったのでした。協力隊員は、既存のシステムを最大限活用するので限界です。新しいことに着手するのは、かなり難しいと痛感しました。


****
そんなこんなで、悔しくも活動は不完全燃焼で終了。しかし、ねぎらいもかねてか、引き上げ前日、ダイレクターがお家に招待してくれて、お別れ会を開いてくれました。
farewell1.jpg
真中で犬をなでなでしてウイスキーからからさせているのが、我らのドンのダイレクター。周りにいるのは、郡ダイレクターです。

farewell4.jpg
同僚の他にも、キューバ人医師やコロンビア大学の研究者たちも来てくれました。

farewell5.jpg
最後にはなんとジャンベ(ガーナの太鼓)まで貰っちゃいました。


つーわけで、私の活動これにて終了です。
いい人間関係を作るのが協力隊のもう一つの役割とも言われます。そうした意味では、大好きなおばあや同僚たちに出会えて、とても彼らの人間性に学ぶことも多々あって、お互いいい人間関係も構築できました。そうした意味では成功だったんだけど。でも、仕事においてはもうちょっといい〆でありたかった。私の読みと詰めが甘すぎた。苦い経験になったけど、これをバネにするしかない。

データベース、全体研修にうつりました。

人事データベースの研修を初めて早2週間が経過しました。
人事データベースの概要はここから→「たまには本来業務の話でも
人事部が昇進に係る面談で忙しかったので、その合間にTraining部のペペさんに指導。

DBtraining1.jpg
2週間でかなりマスターしてくれたので、彼女に全体研修のサポートをお願いすることに。

ほんで全体研修もようやく始まりましたー。
0508training5.jpg
研修部、人事部、人事ファイルを扱うレジストリー部を対象に、プロジェクターを使って指導。

細かくセッション分けして解説し、その後練習をさせる合間に、質問のある個人を回って指導してます。
0508training3.jpg
人事部長にデータベースの検索方法について指導。

0508training4.jpg
レジストリ部ーからバックアップ方法について質問があったので解説。

0508training1.jpg
おじいとおばあは、四苦八苦してましたが、熱心にメモをとって覚えようとしてくれてます。ペペさんについてもらってフォローしてもらう。

0508training2.jpg
和気あいあいとJICAから貸与したPCを共有して、みんなで一緒に手元で動かしながら覚えていきます。


とまあこんな感じで、最後の最後で詰め込み研修になっちゃったので、フォロー時間がすごく少ないのが超問題です。なので、バックアップを毎日必ずさせること、それでにっちもさっちもいかないなら、エクセルにいつでも戻せるよう指導することになりそうです。ちなみにアクセスに移行する目的は、以下のとおり。

・人事部と研修部が今まで違うDBを使っていたものを互換させて、DB上の食い違いやスムーズな情報交換を行うこと
・給与差し止めや、休職職員が戻っているかモニタリングがしやすいこと
・今までの情報のちぐはぐを統一させて、DBの質を改善させること
・人事に係る書類作成が自動で出力できるので、業務軽減につながること


そして悲しいかな。せっかくアクセス作ったのに、そろそろ国レベルでの医療人材データベースもカミングするとのこと。あと10年くらいはかかるんじゃね?とか言われてたのに・・・。なして・・・。現在予算がつかないので、つき次第、州に回って指導するとのことです。

これを聞いて全身の力が抜け落ちました・・・。あたしの活動意味あるんかいな。少し立ち止まって考えてみましたが、質の改善はされることと、モニタリングの課題は急務なので、進めることに。将来国のデータベース指導を担当するHealth Information Officerにも現在やってることの引継書を書いて説明し、データ移行がスムーズに行えるようプッシュしてます。などなど、最後の活動はなんだかてんこ盛りです。

最後の最後のプレッシャー。しかもここに来て風邪ひいたし。
頑張れ自分ー、もうちょっとだー!

パンがなければガリを食べればいいのに

どうも、どうも。
パンがなくても、フフでもライスでもケンケでもバンクーでも主食なんでもござれなガーナからこんにちは。日本で主食は基本ライスだと答えると、哀れみたっぷりの顔をされます。日本人はガーナのおかずがスープ一品なことに、とても切なくなります。That's 異文化交流。

さて、残すところ、活動も1か月きりました。まじでまじでラストスパートです。この2年間、全くといっていいほど、旅行をしなかった私。そして悲しいかな。公用パスポートに書かれた国、ブルキナファソ、トーゴ、コートジボアール、マリ全てガーナ周辺国は政情不安定により協力隊員は渡航禁止です。

なので、最後の最後くらい旅行したい!
今回は、「国外に行けなきゃ国内で楽しめばいいのに!」シリーズです。
休みの合間を縫って行ってきましたよ。いろんなところに。

【その1:ブルキナに行けなきゃ対岸まで行けばいいのに】
隣の州のアッパーウエスト州では、野生のカバ見学ツアーに行けます。
wani1.jpg

ガーナ、ブルキナファソの国境がこの川というわけですが、この川で漁業をして生計をたてる住民もいます。しかし、そこには野生のカバが。野生のカバはめっちゃ凶暴とのことです。ガイドさんがあわてて、
「おーい!ガーナに戻ってこい!ブルキナ側にはカバいるぞぉぉー!」
と、声をかけて、気付いた漁師が慌てて引き返すシーンがありました。まぁ、そんくらいですね、ブルキナ感じた瞬間・・・。せつねえ・・・。

【その2:ブルキナの世界遺産行けなきゃシリグ村に行けばいいのに】
ブルキナファソには2012年に世界遺産に登録されたTiébéléという地域があるそうですが、こんなかんじでペインティングされた家が特徴的です。
mudvillage_08.jpg
写真はここから頂きました。


よく似た村、やっぱりブルキナ近いのか、うちの州のシリグ村にあります。
sirigupaint3.jpg
シリグ村の宿泊施設。ブルキナのほうが、柄が豊富で細かい。

ここではお家のペインティングの材料を使って、お絵かきできるサービスもあります。
sirigupaint2.jpg
黙々と没頭する女子たち。

sirigupaint1.jpg
できた!なにこれ、くじら・・・?なんか違う・・・。牛は富の象徴、双頭のワニには平和と協調。男性や女性を意味する模様などなど、シンボルマークを駆使して、自分のオリジナルの絵をかくわけです。他の隊員も結構やった人いるけど、みんな個性が出てて楽しい。オススメ。

【その3:マリの世界遺産に行けなきゃララバンガのモスクに行けばいいのに】
マリにも世界遺産があります。しかし最近の紛争で破壊されるという残念な事態に。今はユネスコで寄付金を募って、この世界遺産を再建させるプロジェクトをやってます。
mosque1]
土でできたモスク、Timbuktu。雰囲気あるわ。ほんと、ここには行ってみたかった。

しかーし!ガーナには「自称」西アフリカ最古のモスクがララバンガにあるのだよ!それがこれだ、ばばん!
rarabanga.jpg
うああ、なんかとっても雑ー!!

【その4:ライオン見れなきゃゾウを見ればいいのに】
はい、ご存じ西アフリカは、アフリカっぽい野生の動物ナッシングです。ハァ!ライオンいねえ!シマウマいねえ!フラミンゴなんて見たこたねえ!しかーし!そんなガーナにも国立公園があるのだよー!

ラストを飾るのは、モレ国立公園です。
mole1.jpg
みんなで行きました。

mole4.jpg
わあぁ、ゾウさん!!戯れるゾウさんたちにまじほっこり。

mole3.jpg
そして、さらに貴重な光景となるのが、ゾウの目の前で漫才してくれる神々。その後、背後にクロコダイルが現れ、公演は中止に。そんなモレ国立公園、ガイドによると「ライオンは4年に1回見れる。」とのことでしたが。何の催しなんだよ。ほんとなのか・・・。



以上、国外に行けなきゃ国内で楽しめばいいのにシリーズでした☆
がっかりポイントは多数あるものの、他国と比べてかなり安定感のある平和なガーナを感じたのでした。残り1か月、最大限で楽しめガーナ!
mole2.jpg
ノーザン州のかっちゃんと、アッパーイースト州の3人でコラボの写真で〆!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。