GHANA's BLACK STAR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミラクル・クルクル・イースター

ガーナでは先週金曜から今週の月曜まで、イースターのため祝日です。
なので職場で「Happy Easter!」なんて世間話してたら、同僚のシルバーナスから、「お前、良かったら教会来るか?」とお誘いが。

「行く!」というわけで、ゆみちゃんと教会へGO!
ガーナは75%がクリスチャン、15%がムスリムです。私の住んでる北部に行くほどムスリム率は高くなると聞きますが、職場のほとんどがクリスチャン。会議の最初と最後に必ずお祈りタイムがあります。

というわけで、今日は町のはずれにある小さな教会に行ってきました。初めての教会です。ワクワクして行くと、そこは既にもうお祭り騒ぎ。

歌って
church4.jpg

演奏して

church3.jpg
ほんと生演奏。楽しい!

踊るのです
church2.jpg
私も一緒に混ざって踊る踊る♪

子どももみんなで歌いますが、ほとんどが大人の時間です。
church5.jpg
この写真みれば一目瞭然。


神父さんは、プロレス実況中継のようなMCでした。
あぁ、いい例が思いつかない。ともあれ、こっちの説法は諭しません。叫びまくりです。ところで、日本の教会なんて滅多に行ったこともなかったので、一般的かは知りませんが、こっちはコール&レスポンスが多いです。
神父「ネーム・オブ・ファーザー・ジーーーーーザス!!!!ハレルヤ!!!(さいきんすっかり春ですね)」
聴衆「アーメン!!(そーですね)」
みたいな感じで、延々とテレフォンショッキングの冒頭のようなやりとりが、あるわけです。

ふと聞いてて、あーなんだかJazzのコール&レスポンスみたいだなぁと。
調べてみると、アフリカでの宗教告知を受け答えで行うコミュニケーション方法→アメリカに渡ってゴスペルの歌唱法に進化→その後Jazzでコール&レスポンスとして発展と、あながち私の読みも間違いじゃないですね。いやー、面白いわ。


とまぁ、ここまでは想像通り、聞いていた通りのクリスチャンの姿ですわ。
しかし、ここからがミラクルワールドに突入します。

一人お祈りタイムの時間です。
それぞれぶつぶつと唱えたりするのですが、その後神父さんが一人ずつ聖油(つっても市販のオリーブオイル)をおでこにぐわし!と頭わしづかみして、お浄めにまわるのです。すると、トランス状態になる人続出しました。

泣き叫ぶ人。
失神する人。
ハイになってジャンプし続け、最後にはばたーん!とぶっ倒れる人。
暴れる人を男二人がかりでフォローしたり。

ガーナにきて、一番のカルチャーショックでしたわ。

日本で似てるのはクラブとかライブでたまーに見かけますが、ここまでなのは初めて。ものすごく正直に言うと、怖かったです。だ・だ・だいじょうぶ・・・?と、近くでぶっ倒れたマダムの顔をのぞきこむと、そこには恍惚とした表情が。

あー、カミサマに会えてえがったのぅ、えがったのぅ、と少しだけ心穏やかな気持ちになれました。が。やっぱり、この泣き叫ぶ姿を見て、凝視していいのか、見ちゃいけんもん見てるのか、写真は撮ったらだめだろ、神降臨中なんだし、などなど、頭の中がぐるぐるしてました。

そして最後にはキリストの血肉が配られて、歌でしめてお終い。
church6.jpg


日本人が想像するイースターの「い」の字もなかったです。
むしろ、激しい異文化を垣間見た瞬間でした。
逆に、なんで我ら日本人はこういう激しいトランスをしないんでしょうか。宗教心が薄いから?仏教は「行く」側なので、瞑想方法のほうが発達したから?でも、神楽とか土着の宗教に憑依はあるよなぁ。と、ふむふむと、気になった日曜の午前になりました。

ともあれ、今日は教会連れて行ってくれて、有難う、シルバーナス。

church1.jpg
というわけで、最後記念写真で今日はしめ!直立不動の3人(笑)
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

いいともー!

1班、ヨーコです!
いいとものクダリがおもろすぎたー!
さいこー!
2年後にはきっと、まゆみんもゆみ姉さんもトランス状態になれるよっ♪笑

yokomoco | URL | 2012-04-12 (Thu) 17:01 [編集 ]


ヨーコちゃん!お久しぶり☆
元気にやってるかーい?

また1班でみんなで会いたいね☆トランスできてるよう、ガーナで特訓するわ!笑

mayumi | URL | 2012-04-12 (Thu) 18:38 [編集 ]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。