GHANA's BLACK STAR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沢山の有難う

丸1年と1日がたちました。
去年の地震で亡くなった沢山の方たちに、黙祷を。

そしてこの辛い1年、本当に辛抱して生きてこられた被災地の方たち、復興支援を草の根でも遠い地でも応援してきた方たちには、ただただ頭があがらない気持ちです。

悲しさと同時に1年を振り返って。
大変な時に日本を離れるのは本当に心苦しかった。
でも、両親や友人たちが意外なほどにも、行ってきなさいなと、背中を押してくれて、ここまで来れたんだと思う。
幸せなことです。有難う。

ガーナに来てからも、色んなガーナ人に
「あの時の地震は本当にショッキングだった。今は大丈夫なの」
と、沢山の心配の声を頂きました。
嬉しいことです。有難う。

今日も恒例のWeekly Meetingだったのですが、大ボスのダイレクターが急に会議の終盤で、

「ところでみんな、昨日は日本の震災から1年経った日だったんだ。
なぁマユミ、俺たちは本当は追悼式に出たいくらいだったけど、
ここから皆で祈っているよ。」


と、ものすごく温かいお言葉をくれました。立ち上がって、なむなむしてくれたガーナ人もいたし。有難うとしか言いようがないし、むしろお礼の言葉もでるのがやっとなくらい、じーんときた瞬間でした。だって、彼らは地震を体験したこともなければ、遠い遠いアジアの極東の島国ことなんて、1年たてばとうに忘れてしまうはずなのに。

悲しいことと課題は山ほど溢れたままだけど、
頑張ろうとか、私もできることを精いっぱいという言葉もあるけど、
今の私には有難うという言葉しか浮かんでこなかった。ふがいないけど。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。