GHANA's BLACK STAR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

携帯電話で地域保健の改善を

日本でも自治体の地域保健計画策定のお手伝いしたことがあったけど、ほとんどの自治体の焦点は少子高齢化対策。

うって変わって、ガーナでは母子保健対策が一番の課題。途上国はまだまだ多産多死傾向なのです。そんなガーナの母子保健の問題点は、医療機関のアクセスが遠いこと。一番遠い僻地で、6日に一度しか車が通らないところもあるらしく、そんなところじゃ妊婦さんもわざわざ診察しに来なく、早期発見・早期治療に支障をきたすというわけです。

そんな遠いアクセスでも、ケアが届くように考えられたのが、MoTeCH (Mobile Technology for Community Health)プロジェクト。このプロジェクトは、コロンビア大学グラミンファンデーション(バングラのグラミン銀行系とは違うらしい)、ゲイツ財団、そしてうちの配属先のGhana Health Serviceが2008年から共同で行っています。

このプロジェクトの携帯電話サービスで
・妊産婦さんに定期的に保健情報が携帯電話に送られる。しかも、文字の読めないお母さんたちにも理解できるように、英語と現地語5つのうちどれかをで選択でき、音声案内が聞けるとのこと。

・コミュニティで働くヘルスワーカーにも、「今月はこの妊婦さんがまだ診察にきてないですよ!」とリストが定期的に送られるので、妊婦さんへのケアの漏れがないようにできる。


などなど、おぉすげえじゃん!と思いながらも、
・基本的なネットインフラが充実してなかったり、
・そもそも女性ではなく旦那さんが携帯電話を所有しているので、携帯電話にアクセスしにくい、
・定期的にメールくるならいいじゃんと、怠け者のヘルスワーカーが増えてしまうなど、

まぁそれなりに課題もあるみたいです。

そんな2008年のプロジェクトも今年の2月で終了とのことで、今日はそのプログラム修了式@シリグに行ってきました!あー、すごい前置きが長くなってしもた。

そんなわけで、お偉いさん方の挨拶が、延々とありました。
201102086.jpg
州知事ですわ。逆光のせいか、分かりづらい・・・。

201102083.jpg
グラミンファンデーションの人。初めてお会いしました。

201102084.jpg
コロンビア大学のプロマネのアリソンちゃん。いつも明るく声をかけてくれ、めっちゃいい子なんですわー。


その他、研究機関や郡保健局長からなど、お偉いさんからの挨拶が終わると・・・、
そりゃー踊るよね!!
あたしは踊らずちょっこり座ってたら、「お前なんで座ってんだ!踊れ踊れ!」と促されも、チキンだから首をふるふるして座っていました。

踊るおじい

201102085.jpg

踊るおばあたち(コミュニティの女性グループの人たちです)

201102088.jpg

踊るアリソンちゃん。ところで、こっちの現地のダンスは、なんとなく、ねぶたの跳ねに似てなくもない。らっせーらー♪らっせらー♪
201102081.jpg

また、お偉いさんたちは、踊っている人に1セディ~5セディ(50~250円)ほど、額にぺっと張り付けてたりしてました。
201102087.jpg
これはお布施なんでしょうか。私も清水の舞台を飛び降りる決心で、5セディ(それでも250円)ちゃんと払いましたよ!おかげで、財布の中身は20ペセワ(10円)になりました。


その後もなんだかプレゼント交換会もあって、和気あいあい。

201102089.jpg
州知事に伝統衣装をプレゼント。

もちろん、うちのダイレクターにも。あぁ、もう、かわいいなぁ・・・。きゅん。

2011020811.jpg

この郡で最も働き者と表彰された助産師さんにも、もれなく鶏をプレゼントです。
2011020810.jpg

そんなこんなで、華々しい終わり方だったのですが。終わったらこのプロジェクトどうなるんだろう。

プロジェクトメンバーに聞いてみたところ、現在はパイロットでテスト中のプロジェクトだったので、プロジェクトのインパクト調査をしたのちに、全国展開できるかGhana Health Service本局で検討するとのことでした。現在もセントラル州でパイロット調査をやっているそうなのですが、上述の課題、特に妊婦さんが直接携帯を触れられる状況づくりを、現地NGOや女性グループも交えながら、地道にやっていかないといけないんでしょう。可能性が沢山あるってことは、課題も同じくらい沢山あることと同じですが、怖がらずにがしがし動いたもん勝ちなのかもしれません。携帯電話を用いたこのプロジェクトのポテンシャルが、将来どう地域保健に生かされるのか、すごく楽しみです。

やってることがムダにならないように、はたまたムダなことが続けられてるプロジェクトにならないように、常にトライ&エラーで前進していかないと!と、自分自身にも言い聞かせる気持ちになりました。明日もがんばるぞーい!!
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

まゆさんのブログって現地の状況とか簡潔なのに分かりやすいよなぁ。いつも勉強になります。
費用対効果とか、まぁ色々考えた結果このプロジェクトを終結させた方がいいって結論になれば仕方ないけど、せっかく多くの国際機関が集ってるんだからそのネットワークは継続して利用していきたいもんよねぇ。

minato | URL | 2012-02-08 (Wed) 23:44 [編集 ]


さんきゅーです☆でもよく見ると、誤字脱字ばかりなんですわ(笑)

ネットワーク大事よねー。こういう面白そうな事例を真似て手を出す援助機関は増えていくんだろうけど、一番の裨益者である住民が振り回されないよう、連携してほんとはやってかなきゃいけないんだろうね。それをFacilitateするのも行政サービスの役割なんだけど、時間が足りなさすぎる。。。

mayumi | URL | 2012-02-09 (Thu) 05:40 [編集 ]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。