GHANA's BLACK STAR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガーナでの服作り

ガーナの女性たちはお洒落さんが多い。
田舎でもみんな髪を編みこんだり、毎週金曜には着飾ったりなど、身だしなみにはとっても気を遣っています。

そんなガーニアンが着こなす布について、今回はご紹介。
バティックという染物で、服づくりをやってみました。

(1)染物作業
服作りですが、なんていったって、染物からやりますよ!一から手作りです。染料と愛情が沁みこんでます。
染物作業をしてたのは友人モーリスのママ。
batic1.jpg

「学校の制服つくるから、染物してるのよ。出来上がったらあなたたちも欲しい?」
ゆみちゃんと即欲しいということで、お買い上げすることにしました。

さて、染物の手順ですが、クマシというガーナ第2の大都市でかった染料を
①煮出して、

②染めて、漬け込んで
batic2.jpg

③そして乾かす
batic4.jpg
模様は蝋で固めたスタンプを押すのですが、今回はラブリーな花柄です。


(2)生地出来上がり
染物から1週間後、生地が出来上がったと、モーリスとママが来てくれてみてみると、まぁ私の好きな渋い色じゃないかぁ!!!テンションMAXです!

というわけで、モーリスと記念撮影。
batic10.jpg


(3)テイラーさんにお願いして服作り
それから2日後に、モーリスのママ御用達のテイラーさんが我が家まで出張サービスで来てくれました。
この出張サービス、有難すぎる。マーケットにわざわざ行かなくて済むし、試着も家で気兼ねなくできるし、出来上がりも持ってきてくれるし。

そんなわけで、日本の雑誌をみて、あーしてこーしてと話し合って、その1週間後にできました~☆
どどん!モーリスのママとテイラーさんと。
dress1.jpg

全体像はこんな感じ。
dress2.jpg


染物から服の仕上がりまで2週間。めちゃ早いですね。
一から服作りを見届けて、かつガーナで初めて作った服なので、出来上がったときはとってもとっても嬉しかったです。ゆみちゃんと出来上がりの服でファッションショー状態になって、今晩は大盛り上がりでした。

そんなわけで、第二弾を引き続き作ってもらうことに。
dress3.jpg


次回はフォーマルタイプと、ショートパンツ、ワイドなロングパンツ、ワンピースなど、鬼オーダーしました。うわぁー、ほんとに楽しみだー!!
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。