GHANA's BLACK STAR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャマシの聾学校へ行ってきました

先週は配属先にお断りをいれて、ジャマシの聾学校へ行ってきました。

協力隊は、それぞれの業種に近い人たちで分科会を結成しているのですが、今回はエレクトロニクス分科会のメンバーが開いたワークショップに参加させて頂きました。

写真は聾学校で働いてる可苗ちゃん。
workshop1.jpg

なななんと、可苗ちゃんとはおんなじ高校!!しかも一個しか歳違わないので、こうやって同郷の友人が活躍している姿を見るのは嬉しいというか、誇らしい限りです。英語の手話で生徒と会話しているので、すごいもんです。


ところで今回の目的は、小学生対象にICTのレクチャーをすることと、先生たちのICTスキルアップのワークショップを開くことでした。生徒に優しく教えてますね。ほっこりです。
workshop5.jpg
キーボードの叩き方とか。

workshop6.jpg
ダブルクリックの練習とか。



そんな中、私がサポートしたのは時間割で対象外になった生徒と一緒に遊ぶこと。
紙飛行機作って飛ばしたり、
workshop2.jpg

長縄跳びしたり、リンボーダンスしたり、
workshop.jpg


ボール当てっこして遊んだり、
workshop3.jpg

ふつーに楽しんでました。
手話も簡単なものしか覚えられなかったけど、子どもたちとコミュニケーションを取れることが嬉しかったです。生徒たちは視覚で覚えるのが全てなので、本当に呑み込みが早い早い。でも普通の子どもと変わらずやんちゃで素直で本当にかわいい子ばっかりでした。子どもの笑顔って、どうしてこんな癒されるんだべか。屈託がないからなのか。

初めての分科会&ワークショップの参加だったので、ワークショップの段取りやらどれだけ大変かなのか、間近で見ることで大分勉強になりました。みなさんお疲れ様でした☆
workshop7.jpg
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。