GHANA's BLACK STAR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイム・カミング!

突然ですが、ガーニアン・イングリッシュって、ほんとに独特です。
周り全てがフランス語圏のせいか、独自の英語の言い回しが多すぎるのです。プラスアルファ、ガーナはアフリカの優等生な国なので、そういった自負も強いせいか、日本よりも島国根性というか、ガラパゴス状態になりやすい印象を受けますね。

さて、そんなガーニアン・イングリッシュですが、最近のマイブームは、「I'm coming!」です。
きてるよきてるよ!
どういう時に使うかって?

たとえば①
部屋からでて、戻ってくる場合。
「オレ、ちょっとご飯行ってくるわ。I'm coming!」
普通は、I'll be backとかなんだろうけど。直訳すると、おれ、きてるきてる!って言いながら外出なのか。

たとえば②
議論がヒートアップしてるとき。
「ちょっとまて、ちょっとまて、I'm coming, I'm coming!!」
オレが今話してんだぜ、カミングなんだぜ!って感じなんだと思います。


そんなわけで、面白いので、最近私も使い始めてます。
でも、私の仕事の状態は、not comingですね~。きてないよぅ!

先週は、レターがないから、仕事の話なんてすすめらんないよって、一蹴。今週は、レターをもらって、ほれどうだい!って担当部署に見せて、わかったわかった、じゃあまた後で来いって言われて、お終い。ちっくしょー!!あれでも、後で来いってことは、ちょっとcoming?きてる?一歩前進?

そんなわけで、明日もめげずにI'm comingです。
仕事に取り掛かるのが、こんなに大変だとはおもわなんだよ・・・。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。