GHANA's BLACK STAR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次へのステップ

ガーナに来て早3か月。いや、ようやく3か月か。
オリエンテーションも終盤にさしかかってきました。
31あるうちの16の部署をひとつずつ回るのですが、ようやく全体像も見えてきました。

そろそろ次へのステップ、そう活動内容をもっと具体的に絞らなくっちゃ。
基本的に行政サービスは何でも屋です。色んなことを細かくなんでもやらないと、話にならない。とはいえ、2年はあっちゅーまなので、軸を決めてそろそろ準備できるものはしておかないと・・・。

というわけで、自分の頭の整理のためのメモ。

その1:データ管理について
基本的にエクセル、アクセスとSPSS(統計ソフト)を使っている様子。
というわけで、アクセスとSPSSの使い方くらいは分かってないと。勉強せねばーー!!

あと、基本的に文書管理はすべての書類が10年保管らしいけど、10年経っても捨てちゃいけない書類も当然あるので、内部監査の担当者に確認しなくっちゃ。文書管理業務の提案したいなぁ。あとは、回覧書類ボックスの作成か。

あとはイントラネットの整備方法。こればっかは分かんない。特にアクセス権とか。PC隊員に聞くべし!

その2:イベントで出来ること、出来ないことの把握
アッパーイースト州は唯一HIV感染者が増加してる州。これは啓蒙活動必須です。まずは検査にきてほしい。
Health Promotionの担当者も、前職の仕事内容を説明したら乗り気になってくれたので、あとは本当にできそうか検討。どれだけの費用と人手とスペースと時間がさけるか、イベントやったことのある先輩隊員から聞き取りが必要。

その3:ファンドレイジング情報のかきあつめ
日本は補助金が政府やら財団やら企業から出てるんだけど、ガーナはどうなっているのかなぁ。
というわけで、ファンドレイジングしてくれる企業および提出書類をリスト化できればいいな。

今後郡から金くれ、モノくれとこれからめっちゃせがまれること間違いないので、その分エビデンスに基づいたプロポーザル書く能力が必須だと説明したうえで、リストとやり方を説明したい。やっぱり保健分野は命にかかわる。援助の負のインパクトも考えなきゃだけど、圧倒的に足りないものだってあって、それが人命にかかわることも多々ある。だからファンドレイジング能力強化は超大事だと最近感じる。

***
さーて、これがさくさく出来れば問題ないのですが・・・。
「ガーナは日本の3倍時間がかかるよ。」
と、先輩隊員から重みのある言葉を頂戴しました。

3か月たって見えてきて、そしてこっからが活動本番。
まずは超多忙な上司が一目みておぉ!って読んでもらえるような、分かりやすくてインパクトのある企画書ださなくちゃ。構図もだし当然英語で訴えるわけなので、これが結構大変で、最近これに手こずってます。ぬー!がんばるもん!!
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。