GHANA's BLACK STAR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

副大統領表敬訪問

首都に戻ってきて結構たちました。
今日はフォーマルな格好でお出かけです。なんとガーナの副大統領のご接見です。
日本以外にもアメリカ、イギリス、ドイツなど様々なボランティア活動をしている方がいらっしゃるのですが、幸運にも日本の青年海外協力隊は、こういう機会が与えられています。副大統領は、政治家になる前に日本大使館で働いた経験があることや、静岡県でホームステイもしたことのあるといった、なかなかの親日家です。

そういうわけで、今日は有難く副大統領とのご接見日となりました。
海岸近くのなんだかキレイな建物に車で移動し、そしてふかっふかの椅子のある会議室のような場所で待っていると、沢山のプレスも入ってきます。照明がまぶしい。テレビカメラがせわしなく動く。最初みんなくたびれた様子でしたが、プレスの前ではちょっとみんなも緊張気味です。

「やあやあ、ぐっともーにんぐ。」気さくな一人のおじさんが入ってきました。
副大統領の椅子の隣に座っているのを見る限り、この人お付きの人なんだろうなと心得る。そうして待っていると、お付きの人が、よいしょと席を立って、副大統領の椅子の上に座りました。

あれっ!この人が副大統領だったの!?
ずいぶんフランクな人だったのねー、なんて思いながら挨拶を聞いていると、なんと副大統領は多忙のため欠席だったのです。途中までこのフランクなおじさんが副大統領だと思っていたので、どきどきして自己紹介を英語と現地語で話してました。けど、やっぱり違ったみたいです。ちょっと残念な気持ちもありましたが、それでも私たちの拙い英語と現地語をにこにこと聞いてくれて、激励の言葉ももらい、嬉しかったです。

これでガーナに来てからすべての表敬訪問が終わりました。
全部で、所属先の保健局、財務省、日本大使館でしたが、どこもウェルカムな雰囲気で本当に温かい気持ちになれました。これからの活動で納得いかないことも、文化や価値観の違いで腹立たしく感じることも沢山あるんだろうけど、初心でうけたガーナ人の親切さを忘れず、活動を進めていきたいと改めて思った1日でした。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。