GHANA's BLACK STAR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日常会話

ガーナ全体でもそうかと思うのですが、とにかく皆人懐っこいのが特徴です。

そんなわけで毎日町を歩いていても飽きません。

この間は自転車をかりて、町まで行ったのですが(赴任2か月の自転車の購入はダメってことは、やっぱり借りて乗るのもダメなのかも・・・)、ちょっとした坂道があるんですね。そこをしゃかしゃかこいでいると、おじいちゃんがうんせうんせと自転車こいでる。ぴゅーっと追い越すと、おじいちゃん、猛烈なスピードで追い抜き、追い抜きざまに「まだまだ若いもんには負けんぞ」的に笑いながら声をかけられました。

昨日はマーケットにいたのですが、ちっちゃい物売りの女の子たちが頭の上に品物をのっけて、私の周りに集まってきました。こそこそと話あっているんだけど、囲まれてる状態w
「メガネをかけてるよこの人」
「この人どこからきたのかしら」
「ねえ、話かけてみましょうよ」

みんなで頷いたかと思うと、みんなでわっと話しかけてきた。
「ねえ、あたなはアメリカ人なの?中国人なの?」
「日本人だよ」
「日本ってどこなの?」
「中国のとなりらへん。でも中国じゃないんだよ」
「そのメガネはどこで買ったの」
「日本でだよ」
「ふうん」
「あなた名前は?」
「マユミ。テニー(ガーナ名。月曜日生まれだとテニーらしい)でもいいよ」
「あはは、テニーだって」
「あなたの名前は?」

そんな感じで子供たちと日常会話を楽しんできました。
「学校にはいくの?」
そう聞くと、ちょっと笑って、てててっとどこかに走っていっちゃいました。学校には、行ってないのかな。

ちなみにガーナの就学率は90%とかなり高い。ドロップアウト率は分かんないから、この数字だけで判断はできないけど。

ガーナ人、最初は人懐っこすぎて、かなり警戒してました。かといって誰にでも警戒心なく付き合うわけにもいかないので、熱い温泉に足からちょびっとずつ浸かっていくような気分です。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。