GHANA's BLACK STAR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マラリア対策

ガーナはマラリア流行地です。
マラリアは蚊を媒介してマラリア原虫という寄生虫がヘ血液に入り込んで赤血球を食べちゃう状態で、こうなると40度くらいの発熱、寒気、嘔吐が1週間ほど続きます。ひどいときには脳性マラリアといって、脳にまでマラリア原虫が入り込んでしまい、意識障害なども起きてしまいます。

マラリアには防蚊対策がなによりも大事。
そんなわけで、今は蚊帳をつるして、蚊取り線香たいて、蚊よけクリームをぬって、極めつけにはマラリア予防薬のメフロキンを週1回飲んでいます。特にメフロキンは効果があるせいか、副作用もそれなりにあります。めまい、ふらつき、悪夢、落ち込み、胃痛、蕁麻疹などなど。この副作用は個人差があって、私は週1回悪夢を見る程度です。

ちなみに先々週はひたすら狭い洞窟を体をよじらせながら這う夢で、先週は女優の浅野温子と黒魔術をやる夢で、今週はコニシキに押しつぶされる夢でした。来週はどんな悪夢みるんだろ。ちょっとだけ楽しみ。でもメフロキン、効果抜群なのか、しっかりかかさず毎週飲めば、マラリアにはほとんどかからないそうです。

それでも蚊に刺されたら、もうしょうがないです。キンカンが大活躍です。
昨日実は刺されてしまい、ホストマザーが軟膏を持ってきてくれましたが、やっぱりキンカンの効き目はすごいです。ちなみに、キンカンがほんとに臭いし刺激臭なのって紹介したら、嗅ぎたい嗅ぎたいってみんな興味深々。本当に気を付けて嗅いでねって、渡したらホストマザーは匂いにむせてました。

さて、万一マラリアにかかった疑いがある場合に備えて、マラリア判別キットも渡されます。自分の指に針をぶすっとさして、キットに血液をたらして、陽性か陰性かを判断します。これも一回練習したのですが、指に針を自らさすって難しいです。ためらい傷が増えてしまい、痛い思いをしました。。。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。