GHANA's BLACK STAR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グルニー語講座

今日は只今勉強しているグルニー語(フラフラ族の言語)のご紹介です。
ガーナは70を超える多部族から構成されている国です。なので、やっぱり70くらいの部族語が存在します。

私の配属先近辺では、グルニー語がつかわれているので、5日間どっぷり勉強しています。
ガーナは全国どこでもですが、とにかくとにかく挨拶が最も大事とされている文化です。なので、30分かけて語学の先生の事務所に行くまでに、会う人ほぼ全員に挨拶する勢いです。とくに外国の方が少ない地域なので、挨拶めっちゃされます。

人「おはよ!(ブリカ!)」
私「やっほ!(ナバー!) 元気?(ラーンワニ?)」
人「元気だよ(ラーンソム)。どこいくの?(ウーイェレペ?)」
私「学校だよ(マー イエ スクー)。See ya!」

てな具合に、毎朝会う人だいたい数十人と話します。
たまにですが、活きのいいメンズと話すとすぐに、
「アイラブユー。俺の奥さんにならねえか」と二言目にでてきますが、ここでもグルニー語を発揮し、
「ノーサンキュー!(プーシア カボエ!)。See ya!」と元気に挨拶してます。
こういう口説き文句はほんと些細な日常会話なんでしょうね。
「お、そっか。またな。」てな具合に、メンズはすぐに引いてくれます。

午前中に勉強し、宿題もたっぷり出されるので、午後にそれを当てて、家族との会話で使ってみたり、どっぷり浸かっています。でも、すれ違う人ともこんなに会話することって、日本でもなかったので、結構新鮮です。子供とか、すぐに話しかけてきます。かわゆし。

今日は金曜なので、家ではご馳走をつくっています。午前中はみんなで豆むいてました。今は、ニンニクを炒めるいい匂いがしてきました。ご飯いつも量めっちゃおおいけど、グルニー語使って話せるので、ご飯の時間が楽しみです。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。