GHANA's BLACK STAR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレゼンテーション

「プレゼンテーションってのは、見栄えのことも言うんだよ」
そうサラダボウルの中のサラダをかき混ぜながら説明する、ニュージーランド出身の語学の先生。
「ここの店のサラダのプレゼンテーションはちっともよくないなぁ。」


美味しく魅せるプレゼンにするのは結構難しいもんです。
先週は、人事評価と行政評価というマニアックなトピックのプレゼンをしました。しかも授業のメンバーは図書館司書、防災分野、電子機器系といった、様々な業種の人たちに向けてだったので、分かりやすく伝えなきゃいけない。かつ英語で。

なので、前回のプレゼンはめちゃ勉強になりました。
50分の中で、パワポの説明は勿論、実践的演習をやってみたり、声の抑揚、相手に質問をこちらから投げるなど、思った以上に工夫できたような、やっぱりできないような。

いいプレゼンって、ご飯のレシピ集でいうなれば、
1)へー美味しそうじゃんとチラ見してもらえて、50点
2)なにこれ、食べてみたい!と作ってもらえるまでで、85点
3)美味しい!また食べたい!で100点だと思います。

そんなこんなで、ボロボロなところも沢山ありましたが、先生から「良くできたプレゼンだった」とお褒め頂いたり、友人たちからも「うん、ちゃんと理解できたよ」など、まずまずなコメントを頂きました。だから、65点くらいかなぁ。

美味しいプレゼンのスパイスはなんでしょうか。ユーモアとか愛情とか人それぞれなのかも。
いいプレゼンの代表は、知っての通りスティーブ・ジョブズ。

話術が神業ですが、真似できるところも、沢山あります。
だれもが分かるシンプルな言葉・キーワードを何度も繰り返す。
プレゼン自体にストーリーがある。
ユーモアも交えたりなど、学ぶところは沢山あるんですね。
古い映像だけど、i phoneの発表が個人的には、学ぶエッセンスが多い。
緊張しいの私ですら、やればやるほど上手くなるので、得手・不得手はないもんだと思ってます。
http://www.youtube.com/watch?v=L0XeQhSnkHg&feature=player_embedded
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。