GHANA's BLACK STAR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1年の振り返り

久々のブログです。もう1年経っちゃうのね。
早い。早すぎて白目むきそう。

早くも今年の振り返りですが、こんな感じで怒濤な1年でした。
1月:一時帰国からガーナに戻って来て、ソーラー式ワクチン冷蔵庫の搬入にボルガ−アクラ間を翻弄される。
2月:早く設置したいも同僚が奇病にかかりそれどころじゃなくなる
3月:ひたすら人事データベースをせこせこつくる。
4月:データベースつくりながらも、冷蔵庫設置の催促をひたすらプッシュ
5月:めでたく設置完了&報告。データベースもできて、人事部&研修部に研修の毎日
6月:ハードランディングで仕事に区切りをつけ、ガーナを旅行しつくし、日本に帰国
7月:しばらくゆっくりしたいよと、犬をなでる1ヶ月。思えばこれが唯一落ち着いた日々だった
8月:慌ただしく就職活動&結婚に向けて両家初顔合わせ。青森-東京をひたすら往復。
9月:就職先決定。旦那が静岡に転勤しちゃってたので、急いで静岡に引っ越す。そして入籍。
10月:やっぱり新幹線通勤は難しそうなので、急遽東京に引っ越す。結婚したので各種手続きでばたつく。就職先で上司・同僚たちが優秀すぎて打ちのめされる毎日。そして式1ヶ月前の怒濤の打ち合わせ。家族・旦那ともめまくり、仕事も打ちのめされすぎて、泣きながらシステムを夜な夜な勉強。
11月:ようやく気持ちを切り替えて仕事に臨む。ほんで無事挙式。
12月:はーようやくゆっくりしようと思いきや、周りにハネムーンくらい行った方がいいと仄めかされ、流され、来週末から行く事に。慌ただしく準備。



そんなこんなで帰国・就職・結婚と欲張りすぎた1年でした。
正直10月がまじで辛かった。

何が辛いって、5連勤がこんなに辛いだなんて・・・。
きっちりしっかり働く日本人は偉いとです。そらこんなに働いてたら鬱になっちゃうよ。台風来ても、むしろテンションあがって、どうやって出勤してやろうかいそいそするリーマンはすごかとです。傘なんてそういうモノあったのねと思い出すくらい、ガーナで雨ふったら自宅待機してましたわ。

そんなこんなでガーナからのリハビリは相当辛いもんでした。
しかも体力にも精神力にもタフさが求められるコンサル。みんな頭のキレよし、常に時間はフィーで換算され、やれフレームワークだ、やれ前提条件だと、夜遅くまでやんや議論をしてバリバリ働くおっさんたちと一緒に働いて。

まじでヤギが頭をうりうりさせて戯れる姿を回想しては、毎日ガーナに帰りたいと心底思っていました。東京の美味しいランチなんてどうでもいい。ワチェくいてえ。フレッシュペペ食べたい。ザ・現実逃避ですね。10月はそんな1ヶ月で後ろ向きでしたが、ある日、これじゃいかんと思い始め、沢山泣いてすっきりしてから、向き合うことに。それからは、大分やりやすくなった気がします。



つらつらと書いてしまいましたが、やっぱりやりたいことの根幹は途上国でも日本でも変わらない気がします。いっぱしの人事コンサルタントになること、そして日本でも海外でも人が仕事に対して楽しさと成長をもたらすことの出来る環境をつくること。人事の視点は、ガーナにいて特に強烈に感じたことです。みんなやりたいことのドリームはもってるけど、くじけやすいこと。仕事はしたいけど、上意下達すぎて猛烈に忙しい上司と、常に待ちの状態でモチベーションをなくす同僚がいるということ。そして彼らはきちんと機会と評価があれば、仕事にモチベーションをもつということ。それでも行政機関のせいか、援助のせいか、怠けてなんぼ・もらって当たり前な感覚も往々にしてあるという現状。

そういうのを少しでも解消したいと、ビジネスで新興国で人事コンサルが展開できそうなところに就職したのでした。まだまだこれからです。いつかはガーナに恩返ししたい(もちろん愛すべきカンボジアにも)。というわけで、1年の振り返りとして、このクソ忙しい日々をやれやれで済ませないよう、きちんと振り返るべく、来年もしっかり活動するのです。やるど!!
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。