GHANA's BLACK STAR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホームステイへGO!~首都からアッパーイーストの旅その1~

今日から2週間のホームステイプログラムが始まります。
各々、任地先まで自力で行ってそこで待ってるホストファミリーにお世話になります。

そんなわけで、今日から2泊3日かけての大移動ですよ。
本当は1泊2日で行けるらしいのですが、それでも遠い・・・。

今日はクマシという首都から大型バスで6時間かけたところで一泊することにします。
6時間のバス旅行はどんなもんか気になりますよね。そりゃー揺れましたよ。ぐわんぐわん。
というのは出発から1時間くらいまでの話で、その後は割とすいすいでした。道路が思ったよりも整備されてました。明日はどうだかですけどね。

ちなみに、バスの休憩地点での光景。まず日本じゃない光景です。みんな踊っていました。
売店のおばちゃんたちも、私たちをみて「オブロニー、オブロニー!(肌の白い人って意味らしい。)」と、ハイタッチして一緒に踊らされました。ガーナ人は陽気です。びっくりするくらい人懐っこい。
bus1.jpg

バスの中では、映画も流れてました。
カンボジアでもバスに乗ってたらこんな感じだったなぁとしみじみ。
ところで、暑い国で共通か分かりませんが、ガーナでもホラー映画があります。カンボジアではホラー映画がメジャーな映画なくらい。でも断然日本のホラーのほうが100倍怖いです。

そしてようやくクマシに到着!!ライオンさんとそこに立つ勇者(?)がシンボルらしいです。
kumashi.jpg
この近辺は卸売店が大量に並び、電気機器屋、服屋、駄菓子屋など区画によって売られている内容ががらりと変わってて、町を探索してて楽しかったです。特に駄菓子屋区画は、お菓子の色がカラフルで楽しかったです。

ここでもみんな人懐っこく、チュイ語という現地語と英語の両方を話してくれます。
「エッティセン?(元気?)」
「エイヤ!(元気だよ!)」
一歩町を歩くたんびに、こんな感じで一人ずつ声をかけられます。

明日はタマレという北部最大の地方都市に向かいます。ホームステイというより、旅だなこりゃ。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。