GHANA's BLACK STAR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰国後の就職活動 前編

「もっと人生設計考えたほうがいいよ」
「あー、いよいよ一般社会のレールから外れたねー」

協力隊に行く前に何人かの方たちから頂戴した言葉です。そうです、協力隊は「行きはよいよい帰りは怖い」ってやつです。行っても別によいよいなんて待ち受けてない例のほうが多数ですけど。帰ってきて余裕こけるのは、有資格者(医療や教職の免許のある人)くらいだと思います。帰国後の職にあぶれるリスクが超高いのが協力隊。まぁそういうリスクも踏まえて協力隊行ってるんですけどね。そしてJICAも帰国隊員に向けて様々なサポートもしてくれてます。

とはいっても、帰国後余裕こいてた私。
帰国後約1ヶ月は愛犬をなでてるだけで終わった気がします。最後には愛犬にもうざがられました…。
IMG_0096.jpg
ジャンベに興味丸出しのさくらちゃん

しかし、就職活動しなくちゃと思い始めたのは、新卒で協力隊に行って戻ってきた子たちと、とある商社にOB訪問した時のこと(つーかこの歳でOB訪問って…)。新卒の子たちのバリバリのやる気&商社マンのオーラを見て、あ、あたしやばいなとようやく危機感をつのらせたのでした。

当時は民間企業か国際協力畑かで迷っていたのですが、民間企業でスキルアップをすることに決めました。これまで、行政機関へのサポートをメインとしてきた私ですが、中でも一貫して関連があったのが人材開発や人事業務の改善業務。こういう経緯から、これまでの経歴をもっと深堀りさせたいと考えて、日本・海外で貢献できる人事コンサルタントを目指すことにしました。

「よっしゃ!じゃーそろそろ就職活動すっかなー!」
と、帰国1ヶ月してから色んな就職エージェントのサイトに履歴書やら職務経歴書を送りはじめました。しかし、びっくりすることに「貴方の希望に見合う案件は現時点で見つかりませんでした。」と、続々とお断りメールが!!

これにはたまげました。最初の一歩のエージェントから断られるんだー…。
エージェントもノルマがあるから、協力隊とかちんちくりんな輩は相手にしてもらえないのかも…。

ざっけんなよ!だったら海外で単身乗り込んで周りの外国人と一緒に仕事してみろよ!なにが流行りのグローバル人材だよ!と、PCに向かってブチ切れる私。しかし捨てる神あれば拾う神あり。隊員の頃からメールでやりとりしていたとある就職エージェントの方に連絡すると、じゃあ、各企業に履歴書と職務経歴書を出しましょう!と、さくさく出してくれました。

結果、書類選考が通ったのは5社。
なんだよ、やっぱり通るじゃねえかという気持ち半分、協力隊の経験でも通るんだという気持ち半分でした。つーか、こんな大手企業が書類通してくれるの…?と疑うほどすんなり。意外と多様な人材を持っている大手のほうが柔軟性があってキャッチしてくれるのかも?

流行りのグローバル人材は、どこまで通用するのか。後編に続く!
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。