GHANA's BLACK STAR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガーナとビーズ(その1.歴史編)

最近所用が色々と重なり、首都アクラに来ています。
今までほとんど旅行もしてなかったので、折角なのでアクラからトロトロで2時間ほどしたイースタン州のクロボに来ました。

ここはビーズで盛んな町です。毎週水曜にはビーズマーケットが開かれています。
beads1.jpg


ここではガーナで作られたトンボ玉が有名なのですが、ここの任地で活動しているちさちゃん曰く、アンティークビーズも売っているそう。ここのアンティークビーズ、かなり高価です。一般のガーナビーズのブレスレットが「1個」50円で買えるのに対して、アンティークビーズは「1粒」300円~500円も!!

なんでこんなに高いと聞くと、現地の人曰く、「ガーナの今の技術じゃつくれないからよ。ここで売ってるのが全てなのよ。」と言うのですが、後で調べてみると違いました。

1.ヴェネチア産の貿易用のビーズだった。
beads3.jpg
ミルフィオリと呼ばれるビーズ

1500年~1800年の間、ヨーロッパが西アフリカと貿易(勿論、奴隷貿易用にも)をするため、ヨーロッパから導入されたビーズです。上の写真はミルフィオリと呼ばれるビーズ。イタリア語で「千の花」を意味して、その名の通り、花柄がメインです。さてこのビーズ、日本で買うといくらでしょう。ここで、チェックしてみてください。びびります。

2.ガーナの族長の間でのみ交換されたビーズだった。
beads4.jpg
シェブロンビーズと呼ばれるビーズ(引用元はここ
同じくヴェネチア産ビーズ。このビーズは「ビーズの貴族」と呼ばれて、族長(チーフ)の間でのみ取引されていたそう。


そんな感じで、ビーズから当時のヨーロッパとアフリカの貿易について、ちょっと知ったのでした。私は、ミルフィオリとシェブロンを厳選してそれぞれ買いました☆日本に持って帰って、ブレスレットや小物のアクセントとして、使おうかな。めっちゃ高価で希少なので、ガーナにいる隊員さんはお土産に是非是非。

引き続き、次回はガーナで作っているトンボ玉の紹介です。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

またお越し下さい★

なに~!クロボ産じゃないのか!ここの人達みんな「すっご~く古い物だから、もう作り方もどこから来たのかも謎につつまれているのよ」って格好つけてるけど、ヴェネツィアで作られてるなら、そら~君たちわからないでしょ!ってことですね。ううむ。
その昔、このビーズ一粒(?)=奴隷7人分だったらしいです。ひえええ。19世紀くらいには、ドイツとオランダの会社がこのビーズをガーナから逆輸入していたらしいですよ。
ちなみに・・・クロボでは、「虹の足元の地面を掘ると、(アンティーク)ビーズが出てくる」と言われているそうです。なんともロマンチックですね。
ヴェネツィアからガーナへ、そして日本へ渡ることになるだろう、まゆみさんのお手元のビーズ君たち。たっぷりまゆみさんに可愛がってもらうんだよ~!
また機会があれば、ぜひお越し下さい。お待ちしてマースヾ(*´∀`*)ノ

ちさ | URL | 2013-03-22 (Fri) 07:28 [編集 ]


本当にありがとー!

ちさちゃん、水曜は本当に有難う~!!虹の足元からビーズが出てくるなんて、やっぱりお宝なんだね。お宝のためなら奴隷7人分売っても厭わないなんて、すごい話だよね。。。

小物やブレスレットにするのがすごく楽しみ~☆☆また遊びにいきまーす!!

マユミ | URL | 2013-03-25 (Mon) 02:47 [編集 ]


「ジュプロン玉」

「ジュプロン玉」(←私の初見の文献での名称)私は日本で2個買ったことがあります。ピアノ線に巻きつける技法のビーズ作りはたくさんやったけど、型で作るのを見るのも初めてです。紹介、ありがとうございました。

かとーA | URL | 2013-04-16 (Tue) 19:37 [編集 ]


「ジュプロン玉」ともいうのですね。ピアノ線に巻き付けて作る技法が一般的なんでしょうか。確かに型で作るといびつな気もします(よくビーズ作りも存じ上げていないのですが・・・)。

ガーナのビーズ、色とりどりで本当に心奪われてしまいました☆

マユミ | URL | 2013-04-16 (Tue) 21:00 [編集 ]


キファビーズ (Kiffa beads)

さっきウィキで調べたんですけど、ご紹介の型で作る方法のはキファビーズ (Kiffa beads)と言うそうですね。ピアノ線を使う「巻きつけ」技法は、ガラス棒(材料)を買ってこなければならない一方、熱源がガスバーナー(学校の理科で使う程度のもの)で、設備が簡単なので、書斎でも出来ます。トンボ玉と言ったほうがピンと来ますね。一個づつ作るので、量産には全然向きません。
 それはそうと、アンティークビーズ。それでお気に入りのアクセサリーをたくさん作ってお持ち帰りくださいね。そうでないと絶対後悔するから。

かとーA | URL | 2013-04-16 (Tue) 22:30 [編集 ]


Re: キファビーズ (Kiffa beads)

かとーAさん、コメント見逃してました。申し訳ありません。
アンティークビーズ、そう思っていくつか厳選して買っちゃいました。日本のどこかのアンティーク屋さんで買うより、マーケットでじっくり選んで買ったほうが楽しいですしね。まだ買い足りないですけどね(笑)。

イトウマユミ | URL | 2013-04-25 (Thu) 23:16 [編集 ]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。