GHANA's BLACK STAR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地獄のボルガでの涼み方

どうも地獄のボルガからこんにちは。
現在猛烈な暑さに見舞われてます。どんくらい暑いっていうと、こんな感じ。

bolgafeb.jpg

部屋の中の気温38度です(ちなみに夜8時現在)。
こういう状態のお家は一体どうなっているかというと、
・じっとしていると、シーツがぐっしょり濡れていて
・ファンをつけると、ドライヤーを吹き付けられる感覚で(こまっちゃん談)
・誰かが着てたわけもないのに、タンスの衣類がぬくもっていて、
・水道から沸かしてもいないのにお湯が出たり、
・化粧水もやはりお湯になっていて、
・常に床暖がついている状態(ゆみちゃん談)

そんな感じです。

そんな地獄のボルガ、非常に夜寝づらいわけです。毎日2時間おきに目が覚めます。しかし、今日は涼んで寝れる小技を色々と公開していきますよ!

小技その1. 部屋の中に打ち水
日本では夏に打ち水、家の外にやりますよね。あれを家の部屋の中にやるんですわ。すると、どうでしょう。気化熱で部屋が涼しく・・・、いや、あんまりなりません。

小技その2. 部屋の中でダメならベッドに打ち水
部屋の中でダメなら、ベッドにいっそやりましょう。上の写真のとおり、湿度も相当低いので、私はいつも片手にお水がはいった袋(ピュアウォーター)を握りしめて寝てるんですけどね。すると、いつのまにか、水がこぼれてベッドが水浸しなんですわ。しかーし!ベッド上の気化熱はすんばらしいよ!超ひんやりして気持ちいい。朝にはからっからに乾いているしね!

小技その3. それでもダメなら、濡らしたタオルを被ってねろ!
最終手段ですが、べしゃべしゃの濡れたタオルをかけて寝ます。これまた気化熱で超ひんやりするのよ!かなり快適ですわ。まぁ、2時間後にはからっからに乾くので、もそもそと起きて、また濡らして寝るんですけどね。

小技その4. あとは凍らせたピュアウォーターを抱いてねる
でも3時間後にはぬるま湯と化しています。ほんで時々氷で面積が大きくなって、袋が破けてベッドがべしょべしょになりますけどね。

小技その5. エアコンつける
最初っからこれやっとけよ!でもエアコンつけると、電気代は鬼高くなるので、最終手段です。ちなみにエアコンない隊員のほうが圧倒的多数。


こんな感じで、涙ぐましい涼み方で、暑さを凌いでいます。湿度の高い日本じゃ難しいかもしれないので、ボルガならではの対策ですけどね。ともあれ上記の対策をしたところで、常に眠りが浅く、睡眠障害気味です。変な夢ばっかりみます。この間は松潤とデートできた夢だったから良しとするけどね!

そして脱水にも気を付けないと、というか、半端なく喉が渇くので、毎日4~5リットルは摂取してます。隊員の方、なにかいい涼み方があったら、教えてくださいです。そして、北部の隊員はこの時期、本当に健康管理気を付けましょー!
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。