GHANA's BLACK STAR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虫のサイクル

協力隊員の誰しもが苦戦する「虫」。
いや、日本の皆様だってG様に恐れをなしている人は多数ですが。

最近また憂鬱な季節がやってきました。
そうです、カメムシです。

去年は軽く3千匹は我が家に遊びにきたんじゃないでしょうか。
朝起きると、カメムシ臭さがはびこる我が家。家に帰ってきてドアを開けると、ボダボダッ!と落ちてきて、床は足の踏み場もないくらい、カーテンはそういう模様だったのかもと思わせるくらいで、窓の網戸の隙間からうじゃうじゃやってきました。天上からも半端なく落ちてくるので、ご飯は5分でかっこむことを覚えました。1~2か月蚊帳の中で生活です。はい、まじで地獄です。


しかしこの半端ない虫の大群、各シーズンごとにやってくるんですわ。
5月:雨季と同時にハエがわんさかわいてくる。
6月~7月:空を覆い尽くすんじゃないかくらい半端ない量の巨大羽虫。
9月:ゴマみたいなちっちゃい虫が蚊帳の隙間から落ちてきて、体にまとわりつく。
10月:G様と間違えるくらいの巨大コオロギにお風呂場をジャックされる。
11月~12月:カメムシの大群。大ボスです。
1月~4月:蟻たちが水場に群がる。勿論ジップロックをした貴重な日本食の中にも。

巨大羽虫なんて、まるでヒッチコックの『鳥』を彷彿させる光景です。
birds.jpg

しかし全くめげないガーナ人。
「やあやあ、今年もフライにするか。」
そうバケツをもって外に繰り出す彼らは、ほんとにすごかとです。


そんなわけで現在絶賛蚊帳の中生活な私ですが、今年は日本から調達したナイスなアイテムを使うことに。どどん!
kamemusi.jpg
しかし、さっきアマゾンでみたら、「全く効かない」のレビュー多数でしたわ。

ガーナのカメムシには効くのでしょうかー。はー、ほんと萎えるわー。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。