GHANA's BLACK STAR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【支援のお願い】ソーラー式ワクチン冷蔵庫購入にご協力ください!⇒支援が決定しました!

前回の日記でもちらっと書きましたが、今回、「協力隊を育てる会」という社団法人がサポートしている「小さなハートプロジェクト」なるものにソーラー式ワクチン冷蔵庫を申請するに至りました。
→参考までに申請までの道のりについてはこちらをご覧ください。

首都から通常2泊3日でたどり着く私の任地、アッパーイースト州。バス移動だけでも休憩ほぼなしの16時間。そして超僻地。更には最高45度以上の灼熱のサバンナが待ち受けているというわけです。あぁ書いてるだけで泣けてきた(笑)。

ガーナの中でも最貧州であり、かつ環境もとてもシピアなこの場所。配属先が保健局ということもあってか、医療アクセスまでが遠く、隣町の病院まで行く交通費をかけられないほど貧しい地元住民も沢山いる現状を目の当たりにしています。コミュニティにも医療機関はありますが、電気供給が不安定のためにワクチンを保管できない状況です。コミュニティでも迅速なワクチン接種が行えるよう、ソーラー式ワクチン冷蔵庫を申請しました。雨天時が少なく、青空日和が延々と続くこのシピアな環境を生かしてこその、このプロジェクトというわけです。プロジェクト紹介HPはこちらをご覧ください。

ガーナの中にも既に活用している事例もあります。毎日温度表に記入することで、ワクチンの適正温度も保てています。
fridge1.jpg

fridge2.jpg
ここの保健所は世銀から供与されたソーラー式電灯も敷地内について、住民が夜でも通える目印になってます。


もし、このブログを読んでいる日本の方々でご協力頂ける方がいらっしゃいましたら、是非とも募金のほどをお願いいたします。一口3千円以上とやや高いですけど、ちゃんと有効活用できるように役立てます。振込口座は以下の通りとなります。

⇒2012年12月13日現在、皆様の温かいご協力のもと、支援が決定となりました!!本当に皆様のお陰です。有難うございました。これからが本番なので、皆様の支援がしっかり根付き、迅速かつ正確な医療処置ができるよう後方支援に臨みたいです。また追ってその後のフォローアップの進捗をアップしますね★引き続き、アッパーイースト州にご注目頂ければ幸いです。どうぞ宜しくお願いいたします。

【小さなハートプロジェクトご送金先】
①郵便振替の場合
加入者名:社団法人 協力隊を育てる会
口座番号:00110-9-500509

*お手数ですが、郵便振替用紙の通信欄に「ソーラー式ワクチン冷蔵庫設置プロジェクト行」と明記ください。

②銀行口座からご入金の場合
三菱東京UFJ銀行   新宿中央支店
口座番号:店番号469 口座番号 0221619
口座名義:シヤダンホウジン キヨウリヨクタイ オ ソダテルカイ

お手数ですが、以下のメールアドレスに、振込口座氏名を明記のうえ、ソーラー式ワクチン冷蔵庫設置プロジェクトに振り込みましたと、ご一報ください。

*尚、3万円以上お振込みされた方には、氏名と住所等と併せて以下のメールアドレスへご連絡ください。プロジェクト実施後に、礼状と報告書を送付させて頂きます。なかなか大きな金額ですが、周りに国際協力に関心があり、かつ本プロジェクトに賛同くださるご友人がいらっしゃれば、あわせて入金頂ければ幸いです。個々の入金の手間が省けることや、報告書を通じて本プロジェクトの詳細を知ることもできます。

「協力隊を育てる会」への連絡先
メール:shien@sojocv.or.jp  電話 0120-918-380

お振込み手続きについては色々とお手数をかけてしまいますが、何卒ご検討のうえ、ご協力頂けたら大変有難いです。どうぞ宜しくお願いいたします。

*************************
実は、本プロジェクトを申請するまで、
・本当に彼らのニーズにかなっているか?
・本当にソーラーパネルって活用できるのか?
・曇りの日が多い時とか、電気供給が安定している医療機関に運んでいるのか?
・ちゃんと使える体制になっているのか(メンテナンス含め)?
・援助依存を引き起こさない?

などなど、自問自答が続きました。

JICAボランティア調整員と相談して一つずつ問題を洗っていって、実際に現場にも足を運んだり、事務所の同僚やコミュニティで働いている看護師さんにヒアリングしたり、ソーラーパネルに詳しいシニアボランティアのおじいちゃんにも電話して尋ねたり、今後この事例が成功したらコミュニティでも出資して買うことのできるような企画書をつくったりしました。結果、不安要素をしらみつぶしで把握していき、今後起こりうる問題については解決策を提示して同意を得ることもできました。

そういう客観的にニーズを鑑みたうえで、本プロジェクトを提案したのですが、実は職場の人たちの仕事への取組みに感銘を受けたことも一因でした。朝から晩までランチ返上で黙々と働くスーパー上司。その他の上司も毎日病院を回って指導してヘトヘトになって事務所に戻り、夕方から事務作業。時には深夜までやってたりします。

国や人種は違えど、やっている人はどこにいようがしっかり働いています。彼らは勿論非効率なところだってありますが、頑張った人が頑張った分だけ報われる社会にしたい。なので応援することにしました。これまでに仕事上でうまくいかない所があっても、彼らだったら相談したら必ず耳を傾けてくれるし、必ずアクションを起こしてくれる。そういう信頼関係も構築された後でのプロジェクト申請だったので、心配なところもあるけど、彼らを信じるべし!と大船に乗った気分でいくことにしました。というわけで、半分情も動いたこのプロジェクト。でもまっとうな進め方だと思っています。

長々となってしまいましたが、改めまして本プロジェクトに是非ともご協力頂きたく思います。どうぞ宜しくお願いいたします。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

小さなハートプロジェクト

ウチではこちら↓で
http://blogs.yahoo.co.jp/jocvaichiob/38807162.html
紹介しました。愛知県を贔屓したのは、ゆるしてね。

かとーA | URL | 2012-10-01 (Mon) 21:05 [編集 ]


有難うございます!

いえいえ、掲載頂き本当に有難うございます。
私も名古屋に2年間ほど在住していたので、愛知県には愛着がありますよ(笑)。みなさんの申請が早く支援決定につながるといいですね☆

mayumi | URL | 2012-10-01 (Mon) 23:13 [編集 ]


とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

株の価値 | URL | 2012-11-09 (Fri) 02:54 [編集 ]


ありがとうございます。

記事をご覧くださって有難うございました。これからももっと頑張ります!またブログをご覧いただけると幸いです☆

mayumi | URL | 2012-11-10 (Sat) 16:20 [編集 ]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。