GHANA's BLACK STAR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナヤミ イトウ

そろそろガーナに来てから、かれこれもう1年が経ちます。
ちょうど1年前の10日後、つまりガーナに来て3日目ですが、原因不明の全身発疹、全身のかゆみ、発熱、嘔吐感に苦しんでました。1日目はミミズ腫れの全身発疹。2日目には紅紋がもれなく全身に広がり、私の顔がサラミみたいになってました。さっそく日本に帰りたかった瞬間でした。

隊員ご用達のニャホクリニックにもお世話になりました。
つーか、診察カードが「ナヤミ イトウ」になってるし(笑)
nayami1.jpg

診察カードのナヤミちゃんが象徴するかの如く、この1年、それなりに悩んだ1年でした。

・彼らの英語が全く理解できず、やっていけるのかと悩んだり(すぐに解消されたけど)。
・最初は仕事ももらえず、「今日はやることないよ」、「レターがないと仕事あげられない」、「うん、俺忙しいからまた明日ね」、などなど、放置プレイのオンパレードで、2年間ちゃんとやっていけるんだろうかと悩んだり。
・仕事がやっとこさもらえるけど、ちゃんと作ったの運用されるんだろうかとか、ほんとに彼らがやりやすい形なんだろうかと、日々悶々と悩みながら進めたり。
・モチベーションはあるけど、すぐ挫けやすい職員の士気をどうキープさせれるんだろうと悩んだり。

とはいえ、悩んだと同時に、意外と開き直りの早い私もいたりします。

結局彼らの国だから、彼らのペースで、彼らのやり方で、彼らが納得するとおりにしか、物事は運んでいかないのです。でも、それでよかったりするんです。私は、やる気のある上司や同僚に、全力で応えるだけです。

といいつつも、丸投げする同僚に全力でブチ切れたけど(笑)
でも、怒ったら怒った分、そっか、マユミは怒ってたんだなと理解して、仕事をもらってくれるようになりました。最近ブチ切れすぎたのか、体調を崩してましたが、同僚や上司がお見舞いの電話や、家まで見舞いにきてくれたり、職場にきたら、ぎゅー!ってハグしてくれたり。

ガーナ人は、困っている人がいたら、時間・労力いとわず全力でフォローする傾向があります。誰かが手伝ってるから、まぁいいか、なんてもんじゃないです。気付いた全員が気にかけて、わっと集まってやってくれます。時々それは二度手間で、非合理なやり方だってありますが、それすら愛しく感じるほど、どうやらガーナを大好きになってしまったようです。

というわけで、怒ることも多々あるけど、おんなじくらい笑って過ごしている毎日です。最近ブチ切れてるけど大丈夫?とコメントしてくれた方々、私は常に万事OKで御座います。悩むことも多々ありますが、実に人に恵まれてる環境なので、幸せです。


******
一見非合理的とかのんびりしすぎてみえる行動も、長い時間軸でみれば、実は合理的に循環している面もあるガーナ。その時間軸が私の2年間や、日本や西欧諸国の仕事のペースに合わない。そして、やっぱり保健分野にいると、それが致命的な問題を生じさせているのも、現場にいるとよく見える。変わってほしくない部分と、変わらなきゃいけない部分が相反している。

そこはずっとナヤミちゃんでいるしかないのかもしれないし、やっぱりそこの取捨選択は彼らがすべきなんだろう。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【ナヤミ イトウ】

そろそろガーナに来てから、かれこれもう1年が経ちます。ちょうど1年前の10日後、つまりガーナに来て3日目ですが、原因不明の全身発疹、全身のかゆみ、発熱、嘔吐感に苦しんでました。1日目はミミズ腫れの全身発疹。2日目には紅紋がもれなく全身に広がり、私の顔がサラミ?...
[続きを読む]

まとめwoネタ速neo | 2012-06-13 (Wed) 08:21


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。