GHANA's BLACK STAR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰国して1年以上経っちゃいましたが

久しぶりすぎて自然消滅していたこのブログ。
帰国して1年以上経ってしましました。うわー、本当に日本の1年が早すぎる。
その後、みんなどうなったんでしょう。

【1.ガーナの友人たち】
Facebookのおかげで、その後もちょくちょく友人たちとやりとりはしています。
ガーナにお菓子送ってみたり(結構前ですが)。チャットで話したり。

皆からは、「お前全然連絡くれねえのな」とか、「いつ日本に行けるチケットくれんだ」とか、「日本人の女性を紹介してくれ」だとか、ちょくちょく連絡来ます。まぁいつも通りの皆です。上の後者2つは面倒になって途中でチャットぶっちしますけど。

とはいえ、「元気かい?」「元気だよ」のやりとりをしていると。
「Thanks God」の一文は必ずついてきます。
ガーナの教会や、打合せ前に必ずお祈りをする習慣とか、思い出します。
本当は早いうちにまた遊びに行きたいのだが、仕事がなぁ・・・。

【2.同期のみんなたち】
実は先週、同期のみんなに会ってきました。
みんな久しぶりとは思えないくらい、まぁ変わってないんです。相変わらず大笑いして飲んで帰ってきました。

そしてなんと、同期が調整員としてまたまたガーナに派遣!!ほんで付き合ってた同期の子も結婚して行くという、ガーナ出戻り隊員が続出です。
IMG_0784.jpg

いいなぁ・・・。1週間だけ羨ましい(笑)
ボルガ&ニャリガのおばあとおじいに会って、バンクーwithうまピア食べれたらそれで十分っす。

【3.私の生活】
私の生活は、変わらず社畜リーマンしてます。
とはいえ、私の人運だけはいつも抜群に恵まれていて、いい上司・同僚・後輩・お客さんと出会えて、日々勉強させてもらっています。業種は人事コンサルなのですが、入社からグローバル案件も任されて、日本・海外のお客さんに人事領域の案件をシステムや業務プロセス併せて導入させてもらっています。

働いて10ヶ月くらい経ったのですが、協力隊で培った2年は、
やはり日本で暮らしているだけでは得がたいものだったのだと実感できるようになっています。
というのも上司からの評価として、以下のものを頂いたわけですが。
これって、隊員の皆さんが共通して乗り越えなきゃいけない要素が全部入っているのかと思います。

・先の見えない困難でも粘り強く対応するバイタリティ
・無茶振りにもすんなり対応できてしまうタフさ
・海外のお客さんでも相手の懐に入って仕事を進めるコミュニケーション力

特に3つ目は、日本じゃ教えようとおもっても養われないらしく、そういった意味で使える隊員の知り合いとかいませんかねー?と聞かれるまでになりました。(まぁ私の場合は、お客さんと飲んで、わははー!なだけだったのですが・・・)


そんなこんなで、協力隊で一度日本で働くキャリアから外れてしまったかと思いきや。
やはり自分で自信を持って得られたスキルは、通用するのです。ジョブズだって最初はバガボンドだったし、いいんだと思うんです、こういうちょっと外れた選択肢。そしてもう少し、それが許容される社会になってほしいので、そういう意味で発信していきたいですね。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。