GHANA's BLACK STAR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

協力隊スキルの民間企業での活かし方

どうもどうも、お久しぶりです。
ほそーくゆるーくブログやってます。去年6月に帰国して、会社に勤めてから4ヶ月が経ちました。コンサルなので、色んなお客さんのところへ行ったりと、だんだん仕事の量が増えてきたこの頃です。

振り返ると、案外協力隊時代のスキル・経験も民間でそれなりに活かされてんなと思い始めてきています。そんなわけで、今回は民間企業に勤めてどんなことが役立っているかの回にしてみました。ま、すんごいくだらんないスキルばっかだけどね!

【生かされていること】
①圧倒的に英語力
くだらないスキルじゃないのはこれだけ。これはもうバリバリ生かしきっています。とにかく英語の調べもの、資料作成時、ディスカッション時には引っ張りだこ状態。おっさんたちのホンニャクコンニャクと化してます。

そもそも英語圏でしっかり業務経験を積んでおきたいなと、予め英語圏狙いで協力隊受けましたが、みごと的中。但し、ガーナにいるだけでつく英語力なんてたかが知れてます。ガーナで2年間、真面目にちゃんと毎日英語勉強しておいて、本当によかった。これに尽きました。でも、あっという間に留学組に追い越されそうなので、日々研鑽しないと。

②ハッタリ力
ガーナ人の根拠のない自信力、あれ意外と役に立ってます。
英語もそうだけど、多少自信なくても、「できまっせ!」とハッタリかましてます。でも、所詮気の小さい日本人なので、無理に追い込んで、やらざるを得ない状況に。そして今までなんとかなってるという…。

③動じない力
ほんと、業務上ほとんど動じることなくなった気がする。
ガーナでは州の保健局で勤務していた私。上司は医者で高学歴(先進国のMedical PhDを取ってる人ばっかり)、バリバリプライドと威圧感というかオーラのあるエリート揃いだったせいか、彼らと仕事していたほうが極度の緊張で胃が痛かった気がします。あと、これまで色んなところで人前で話す経験が多かったので、ほとんど動じず仕事できるようになった気がします。

④ネットサーフィン力
これ、くだらないようで一番あなどれない力です。この間も会社の先輩や後輩に、「この資料、一体どこから見つけてきたの?よく見つけてきたねー」とか「イトウさんの何が何でも調べまくる力、ほんとすごいっす」と言われてしまいました。ガーナ、本なんて聖書しかないと言っていいくらい、本がないので、基本専門知識は全てネット経由。ネットで英語の勉強も人事の知識もアクセスも全部調べられた。ネット万歳!

【逆に困ったこと】
①怒れなくなった
ガーナの同僚と仕事をしていて、アポを取ってはすっぽかされ、依頼しては忘れられと、毎日が思うように動かない日でしたが。ほんと日本は仕事がさくさく進むのよー!すごい、すごいよー!!というわけで、後輩のミスにも、「いいよいいよ気にすんな。全然できるって、OKOK!」と心底思ってしまう私。彼らのためにならないから、ちゃんとポイント押さえて指摘しないと!と思いながらも、全然できてねえ。


などなど、ガーナでの経験はそれなりに役に立ってます。
あ、あと睡眠時間少なくてもなんとかなってる気が笑。なんていったって、メフロキンやらアッラーの大音量のお祈りやら、ヤギの鳴き声やら、超灼熱地獄やらで2年間睡眠障害気味だったからね!また、使えそうな知識あったら、ちょくちょくブログで書いてみまーす☆

日本での仕事もすんごく楽しいけど、それでもやっぱりガーナに戻りたいな。
ボンゴロックにまた登って、水平線までの平原みたい。バンクー食べたい。職場の皆に会いたいな。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。