GHANA's BLACK STAR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中学校で講座をしてきました

帰国して1か月経ってしまいましたが。
7月12日に青森県五所川原市市浦中学校でガーナの紹介をしてきました。

出前講座4
実はここの中学校は、「ソーラー式ワクチン冷蔵庫設置プロジェクト」の支援をしてくれた中学校。御礼も兼ねてガーナの紹介もできました。

最初は「ハァ!?ガーナなんて知らねえし。まじたりーんですけどー。」みたいな中学生を想像しては、脳内でガクブルしたのですが。そんなこともなく、ものすごくウェルカムな学校でした。というのも、こんな感じですごく温かく迎え入れてくれたんです。

・出前講座ちょっと前には、みんなで現地語調べてくれたのか、「ウンテーガ(こんにちわ)」で挨拶され、
・私の紹介ムービーが事前に作られ、壮大なBGMと一緒に流れ、
・ほんで講座も終始生徒も保護者も和やかでした(なんとこの日は授業参観日…)。

そんなわけで、私も緊張することもそんなになく、容赦なく生徒にクイズやら出して聞きまくることができました。
出前講座2
こんなかんじで、4択のクイズにして手を挙げさせたり。

しかしここは日本の中学生。当てようと近づくものなら、サーッと下を向いて貝のように押し黙るみんな。はい、容赦しませんでした。つかつか構わず近寄り、肩をぽんと叩く。「さ、いってみよっかー!」と明るくマイクを差し出して、発言を強要。みんな、わははー!とひやかしたりするうちに、みんなすっかりリラックスモードになって、最後は和気あいあいと講座を進めることができました。

ちなみに、授業参観ともあって、保護者もきてたのですが、この画像を見せたら生徒よりも保護者から歓喜の声が。
出前講座3
みっちゃんと二宮君のコラボです。みっちゃん、有難う!


そんなこんなで、ガーナの様子や課題を写真をたっぷり入れて、紹介することができました。ガーナの写真を一枚一枚選別して、色々思い出を整理しながら作れた今回の講座でした。その後も新聞に掲載されて、素敵な記事にしてもらいました☆
出前講座


************
実は、市浦中学校は青森県でも八戸とは真逆の位置で、幼い頃に一度しか行ったことのない場所。
けれども湖をはさんでの隣町の車力は、実は曾爺さんの故郷だったりします。おじいは、その昔、車力村で開業医してたり、農民組合つくったり、戦後は八戸でポリオワクチンの調達をやってたりして。そして世代を経て、私も農村開発専攻してたり、ワクチン冷蔵庫調達してたり。別に意識してかぶった活動してるわけじゃないんですが、そういうルーツがあるのか、血があるのか、無意識の意識なのか。なんなんでしょうね。

ルーツの更なる根っこの土地に来て、広がる田園景色にボルガの平原を重ねてぼんやり眺めてました。おじいが呼んでくれたのかな。不思議な縁があって、たまたまこの土地にこれて、なんだか感慨深くなりました。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。