GHANA's BLACK STAR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Black Tuesday

ガーナの大統領が亡くなられてしまいました。
御病気だったそう。ご冥福をお祈りします。

そんなわけで夕方から、もっぱらその話でもちきりだったり、
皆テレビやラジオに釘づけだったり、大音量でレクイエム的な音楽が流れたり、
同僚も「俺、泣きそうだよ。」としょんぼり。(まぁ、その後すぐ笑ってたけど。)

日本の首相じゃまずありえない話ですが、
昭和天皇が崩御された日は、こんな感じだったのでしょうか。
当時6歳だった私も結構鮮明に覚えている。その日も雨だった記憶がある。
(1月の青森で雨という記憶は正しいか疑わしいけど)



そんなわけで今日も雨でした。
雨季にも関わらずボルガは1週間に2、3回くらいしか雨降らない。
夕刻に降ってきたので、みんなテレビに雨が止むまで釘づけ。

あたしはPCに釘づけ。仕事がおわらん!
来週からお休みを頂いているので、仕事の引き継ぎ、来月末の半年レビューのための人事部・研修部のデータの精査など、てんてこまい。

おまけに保健局本部のスタッフが、医療従事者面談(Head Counting Exercise)やると、首都からやってきました。
「あのー、うちの州、もう終わったんですけど。」
「でも指紋認証やってないから駄目だ。」
・・・指紋なんてどの業務で使うんだよ。

結果、州がやった面談と同じ内容を再度やってるらしい。三千人分。
そんなわけで月曜からブチ切れ続行中。

会うなり人事のデータよこせ、CD-Rに書き込むからCD-Rを買ってこい、
プリントアウトはまだか、この情報はいらないと後だしで言われたり、
挙句、お前のオフィスを作業場に使わせろ、お前の机を空けろ、
お前はどっかで作業しろと、ジャイアニズムを発揮されたので、ぶちーん!!!

そしてやっぱり、また長蛇の列をなしてこの業務のためにずーっと待ってる医療従事者を見て、この業務の二度手間っぷりにやっぱり腹が立つ。おかしーだろー!!と同僚に愚痴る私。同僚も、面談者も全員愚痴る。でも、上が言わないので状況は動かない。本当に上意下達が激しいというか、お上第一の国なんだと痛感しました。

なんで情報共有を国と州でやってなかったんだ・・・。
だったら合わせてやってたよ・・・。なんか、もう、あぁぁーーー!!!って気分でした。というわけで、明日もオフィス追い出されそうな気配がビシバシ伝わるので、明日もバトってきますw

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。