GHANA's BLACK STAR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丸投げくんたち

その後の医療従事者全員面談の旅。
終わったんだろうか。

いや、終わってない!

その後も何人も五月雨式にやってくる面談者。どこからともなく私のオフィスの場所をかぎあてて、やってくるやってくる。おかげでデータ統合が一向に進まない。

が。
「はぁー、ほんとこの面談、超大変だったよね~。」
「おれ?うん、終わった終わった。残りはマユミがやるってさ~。」
一言も言ってねえよ、そんなこと。勝手に仕事終わらすな。

というわけで、同僚たちの丸投げっぷりに最強にブチ切れる1週間でした。
「やだよ、そっちのグループの範囲内は、そっちでフォローアップしてよ!」と主張する私。
「うん、でも本来業務戻っちゃったし」とケロリと言う同僚。若しくはどこかに雲隠れする同僚たち。
「あたしだって本来業務できてないよ!なんで面談日程終わったのに、締切らないの?」
「でもほら、みてよマユミ、遠くからわざわざ面談しに来てるんだし・・・。」

個人的には締切厳守タイプです。
おっつかなかったら、その後レターで別途面談日を設定するので、まとめて来てちょとお知らせするほうが、お互い楽でいいし。しかし、ここはガーナ。決め事では動きません。連絡体制なんてできてないこと痛感したし。ここでは情で動いてなんぼです。何人もの面談者が、マダム、アイ・ベッグ、プリーズなんてしょんぼりした顔で、書類もっておずおずとやってくるので、もーこれじゃあたしが悪者じゃんかよとうなだれる。

同僚の一人に、
「・・・わかった、やるよ。でもこの数みてよ。一人じゃ無理だ。みんな丸投げするけど、この数一人じゃ無理なんだって。」
「わかった。じゃあ、手伝うよ。」そう言って、一人だけ手伝ってくれた。コジョさん、ほんとに有難う。



面談もほとんど終わって、データ打ち込みもお陰様で目途がたちました。

あとは、データ統合、州の情報とどこがどう違うのか一個ずつ精査、なんで違うのか人事部にヒアリング、その後の人事配置の分析図作成のやり直し、州と郡の連絡体制の提案と実施。正直、途方にくれます。

仕上げには、一人ずつ撮った2600人の証明写真をデータベースにアップ。一つずつ張ってかなくちゃいけないんだけど、それもやりたくないと言い張る同僚たち。
「あのね、あたしゃこのほかにも、こんだけ作業があるんだぜ。ちょっとくらい手伝ってよ。」
「データだけ渡すから、ね。勘弁してよマユミ。」
「したら私が結局やることになるでしょ!やだやだ、絶対そんなのやだ!!」
「頼むよマユミ~。」

ぜってー、やんないもん!
明日は久々にこのグループのミーティングがあるので、上司に直談判しよう心に決めたのだった。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。