GHANA's BLACK STAR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリエンテーション ~病害対策・予防接種プログラム編~

さて、今週月曜から配属先でオリエンテーションを行ってくれるということで、1日1部署ずつ回って、仕事の概要を聞くのが始まりました。ちなみに、1か月間ずっとオリエンテーションなので、早く仕事したい!!って気持ちもありますが、配属先の丁寧な意向に感謝しまくりです。

そんなわけで、昨日・今日で、Disease Control(病害対策)、Surveillance(病害監視)、EPI(予防接種拡大計画)、Cold Chain(コールド・チェーン)の部署に行ってきました。これがそのオフィスです。
coldchain7.jpg

ここには、予防接種ワクチンが保管されていて、黄熱病・ポリオ・髄膜炎・破傷風・A型インフルなど沢山ワクチンが詰まってました。ちゃんと停電時にはジェネレーターも発動させたり、温度管理も1日2回記録をとったりと、当たり前なんですが予想以上にしっかりした管理にやや感動でした。

ワクチン保管庫。JICAが提供してたみたいですね。保管庫内は6度でした。
coldchain2.jpg

温度表。朝と晩に記録します。
coldchain6.jpg

病害監視についても、毎週ワクチン接種回数レポート、毎月感染症状況レポートを各保健所やクリニック→各準群保健局→各郡保健局と、書類を取り寄せ、州保健事務所からアクラにある本局へ送付したりと、監視・監督も結構マメに行っている印象を受けました。1次情報は目でみないと、データが正しいか分からないところですが、州事務所レベルはやっぱりしっかりした印象ですね。



ところで毎週火曜には、各郡がワクチンを受け取りに来ます。今回は、ブルサ郡が停電時のジェネレーターがないことから、ここの倉庫の保管してもらっていたみたいで、電気が復旧したので預けていたワクチンを受け取りに来ていました。でも、毎回停電時に運んだりしてたら、大変だし、リスキーだし、非効率だろうなぁと思ってしまう。
coldchain3.jpg

ちなみに、ジェネレーターがある群もあれば、ない群もあるみたいで、この格差はどっからきてんだろうと不思議に思いました(多分援助なんだろうけど)。しかし、ジェネレーターがあったところで、管理体制がしっかりしてないとワクチンがダメになってしまうので、ほんとハコモノと人材育成ってセットで行う必要があるんだなぁと一人考えていました。


今日はここでのオリエンテーションが終わり、事務所に戻ってから、Training Unitでも説明を受けました。どちらかというと、こっちの業務のほうが、モロに自分と関わりのある仕事なのですが、そっちはまたおいおいまとめます。

明日は休日だし、ラマダン明けの日なので、町は大盛り上がりになりそうな予感です。楽しみ☆

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。